上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーゴが・・ 電気信号が虫とか想像力豊かすぎでしょう・・

かめきちです。


というわけで型取りに再挑戦しました。

今回使うのはこちら↓
DSC00639.jpg
「型想い」です。


熱湯につけると柔らかくなり、型を取ることができるマテリアルです。


んでは、工程をば。
DSC00633.jpg
100円ショップなどで売ってる耐熱容器に熱湯を入れ、型思いもいれます。

矢印の物が型想い。二分くらいで柔らかくなります。

熱いので割り箸等で取り出します。


DSC00634.jpg
水気を切って適当な大きさにちぎり、原型を包みます。

中にデスティニーのアームガードが入ってるのが分かるでしょうか。

今回は裏と表から、ちぎった物二つ使って原型を挟み込みました。


DSC00636.jpg
型を包んだら今度はそのまま冷水の中へ。こちらは五分くらい?


DSC00637.jpg
冷えたら、分割。これで型取り終わりです。ここまでで10分くらい。

やったことない人でも簡単だと思います。


DSC00638.jpg
ポリパテか、レジンキャストを流し込んで完成。注ぎ口を上の方に作っておき

そこからキャストを流し込みました。


DSC00640.jpg
ちょいちょいと整形して完成。シリコン使うより全然簡単ですね~

離型剤も必要ないですし。

型取った物もお湯に入れればまた使用可能です。

ちょっとした物ならこれで十分ですね。(フェイスとか、手首とか)



ここからは制作記。大したことはしていないんですが・・

DSC00642.jpg
腹の部分のライン調整。隙間を目立たなくしてみました。


DSC00641.jpg
両腕がそろうと全体像が把握しやすいですね。

手首のシールド発生器も複製して揃えたいと思います。





型想いを求めて模型屋を巡っていたら、クシャの安売りはしていなかったものの

ギラズールの投げ売りを発見。











DSC00643.jpg
・・・だって、630円だったんだもの・・

まあ、クシャトリヤの袖塗る時の練習ということで・・(汗
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトHG GUNDAM SEED デスティニーガンダム制作その6

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。